低金利で借りられる不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンとは、不動産を担保に入れることで融資を受けるローンです。
金利はキャッシングやカードローンなどと同じくらいですが、融資額が高額になるという特徴があります。
日本保証の不動産担保ローンですと、融資額は50万円~10億円まで対応しています。
高額融資が可能となる理由は、担保を設定するためです。
金利は5.39%~18.0%を設定しています。
100万円以上借りれば、無条件で15%以下の金利適用となります。
それ以降は、借入額に応じて金利が引き下げられていきます。
キャッシングは担保なしのローンですが、事業資金、借り換えに利用するには融資額が少なすぎることが多いです。
独立開業するならば、500万円以上の資金が必要になるでしょう。
不動産担保ローンの審査は、不動産の価値を最重視します。
これがキャッシングなどの無担保ローンとの一番の違いなのです。
不担保ローンの場合ですと、担保が不要なかわりに個人の信用が第一に問われます。