陶芸を趣味にすることでどのようなメリットがあるのか

笹部祐佳里は陶芸を始めることによって様々なメリットがあると感じています。
一つ目は心に余裕ができるというものです。
料理研究家として多忙な毎日を送っている彼女ですが、週に一度は必ず陶芸教室に通うようにしています。
家庭や仕事以外の時間を持つということは忙しい生活にゆとりを与えてくれますし、陶芸はクリエイティブな趣味となるため作品という形で自分の精神状態が表れます。
そのため、ストレスチェックのバロメーターとしても使用することが出来るのです。

二つ目は自然と触れ合うことが出来るという点が挙げられます。
土に触れ、その造形を形作る陶芸は土と水のコンディションや湿度の具合を適切に見定めなければいけません。
そのため、神経を研ぎ澄まし、自然と調和することが鍵となります。
現代社会に生きているとなかなかこのように自然と親しむことがないため、自分の中の感覚が研ぎ澄まされると笹部祐佳里は感じているのです。

三つ目は実益に還元されるというものがあります。
料理研究家の笹部祐佳里は料理もさることながら食器にもこだわりを持たなければいけません。
そのため、陶芸を趣味にすることによって多くの注目を集めることができます。
このように直接的な事例ではなくても、作った食器でご飯やお茶を飲むことによって生活が彩りますしプレゼントに贈れば会話も弾むことでしょう。

https://yukarifan.seesaa.net/article/kankei.html